ツーマントルの22#系は、ゴールドボンドを含めて全て揃っていたのですが
ほとんど手放してしまいました。データーを残しておけばもっと楽しいページになったのに、残念…
28#・29#系もゴチャ混ぜです。

Coleman【1910年代】

Coleman LQ327

クイックライト前期型です。別売りのポンプで加圧をします。グローブはマイカ(雲母)です。

詳しく見る

Coleman【1925.6】

Coleman LQ427

タンクとポンプが一緒になった初めてのモデル。ポンプにはまだ穴が空いていません。

Coleman【1926.03】

Coleman LQ427

ポンプの先に、現行と同じように穴が空きました。

Coleman【1927.1】

Coleman LQ427

Coleman【1920年代中期】

Coleman LZ427

コールマン社がエールライト社の為にOEMで作ったランタンです。その為どこにもColemanの刻印は無く、暫くはコールマンでは無いと言われてきました。大きく曲がったエアインテークと花形のポンプ頭が特徴。


詳しく見る

Coleman【1927.7】

Coleman L427

このモデルから、ポンプがタンク内に内蔵となりました。ベンチレーターも琺瑯製ベンチレータとなる。

Coleman【1928.3】

Coleman L220

ジェネレーターが斜めに付いているスラントモデル。ジェネレーターで燃料の調整が出来るようになりました。使用するジェネレーターはT88。最大の特徴は、燃料バルブとジェネレーターが真っ直ぐにとりつけられ、バルブが寝た状態になっています。これはガラスホヤですが、オリジナルはマイカグローブです。

Coleman【1928.8】

Coleman 220

Coleman【1929.5】

Coleman L228

228の元祖となるモデルです。L220のビックハットタイプ。これもバルブが寝た状態のスラントモデルです。







詳しく見る

Coleman【1929.8】

Coleman 220

スラントモデルの後期型で、使用するジェネレーターはQ77です。外見で前期型との大きな違いはありません。後期型になるとLが無くなり、ただの220となります。

coleman【1930.5】

Coleman 220B

スラントの後に出たモデルで、燃料バルブがお馴染みの位置に付いております。このモデルの前に220Aがあるようですが存在は不明。220Bは数が少なく貴重になりつつあるランタンです。特にこの初期型モデルは数が少なく貴重です。取り外せるベイルや燃料バルブのディレクションディスクが真鍮で出来ていたり特徴があります。 カナダ製

詳しく見る

Coleman【1930.6】

Coleman 220B

ビックハットなのですが220Bなんです。作りは左側のランタンと一緒で初期モデルです。USA製




Coleman【1930.9】

Coleman 220B

初期モデル。USA製

Coleman【1932.5】

Coleman L427 USFS

クイックライトです。タンクにはUSFSのエンボスがあり赤く塗られています。文字の意味は合衆国森林局の頭文字で国有林を管理する国家機関です。コレクターに人気のランタンで、個体が少なくなってきており希少価値がとてもあります。

Coleman【1935.9】

Coleman 220B

220B中期モデル。

Coleman【1937.1】

Coleman 220B

カナダ製の220B。明るいグリーンのベンチレーターです。カラーには打ち抜きでCOLEMANの文字が入ります。数の少ない貴重なモデルです。

Coleman【1937.3】

Coleman 220B

こちらもカナダ製。ベンチレーターの色以外は1月製造の物と同じ。これも数が少ないモデルです。

Coleman【1937.5】

Coleman 220B

Coleman【1937.9】

Coleman 220B

220Bの後期モデルです。

Coleman【1950.1-3】

Coleman 220D

このモデルには製造月が無く、アルファベットで表記されており、このランタンはAです。このモデルからポンプがねじ込みからビスでの取り付けに変更されています。

Coleman【1950.4-6】

Coleman 228D

このランタンの製造月はBです。

愛犬と愛猫Soon

Coleman【1965.9】

Coleman 220E

これ以降の220シリーズは大きな変更も無く続いていきます。カラーがクラシカルで私は好きです。

Coleman【1965.11】

Coleman 220E

カナダで生産されたモデル。USAの220系には無い赤を纏う。ベンチレーターのトップの形も違い、丸く柔らかい形状。この大きさでレッドランタンは目立ちます。

愛犬と愛猫Soon

Sears【1966.3】

SEARS 476

シアーズでこのモデルは結構出回っていますが、メッキタンクは珍しい。程度も合わせてかなりのレア物です。

愛犬と愛猫Soon

Sears【1969.3】

SEARS 476

全米を網羅する通販会社シアーズ用にコールマンが生産したモデル。シアーズビックハット

Coleman【1969.11】

Coleman 220E

余り見かけませんが、結構長く生産されていたようです。

Coleman【1974.11】

Coleman 228H

このモデルからフレームが外しやすくなり、ニードルバルブのレバーが現行モデルと同じように後ろ側に付きました。タンクキャップも現行と同じビス無しタイプ。

Coleman【1976.1】

Coleman 220J

先代の220・228系と比較しても、大きな違いはありません。ちなみに228系はビックハットと言われてベンチレーターの笠が大きいタイプです。

Coleman【1984.9】

Coleman 288 CL2

22#系よりひとまわり小さい2マントルランタン。現行型に近いのですが、フレームに4本の柱があり丈夫に出来ています。

Coleman【1988.12】

Coleman 288

デカールと、ポンプの押さえる部分が金属なの以外は、現行の物と形はほぼ一緒です。

Coleman【1990.11】

Coleman 290

ほとんど現行品と変わりません。ポンプを止める金具とデカールが違うぐらい。220系統の末裔です。

Coleman【1991.10】

Coleman 288
Limited Edition

お馴染みの限定ランタンのスポーツマン。しかし写真を拡大すると分かりますが、デカールの年号が1992年となっています。実はこのランタンはアメリカ国内向けの限定ランタンなんです。

Coleman【1992.4】

Coleman 288 DELUXE

メッキタンクの小型ツーマントルランタンです。 ポンプを留める金具がプラスチックになります。

Coleman【1992.4】

Coleman 288
Limited Edition

限定ランタンで通称スポーツマン。グローブに絵が入ります。デカールにシリアル番号が入り、限定である価値を高めています。こちらは日本国内向け。

Coleman【2000.2】

Coleman 290A

20世紀最後の限定ランタンです。名前が長いのですが290リミテッドエディションミレニアムランタン。グローブには歴代のランタンが描かれています。

Coleman【2006.4】

Coleman 285A

日本では販売されていないバイオ燃料対応のランタンです。デカールにはトウモロコシのマークが入っています。グリーンのベンチレーターに黄色いタンクは、何となくシーズンズランタンぽい。かなりレアなランタンです。

AGM【年号不明】

AGM 2572