ツーバーナーなど写真を撮らずに手放した物が多数。手元に資料が残っていればもう少し充実したのに、今更ながら残念。
年号・モデルの順番はバラバラです。

Coleman【1920年代前半】

Coleman Model No1

コールマン初の、屋外ツーバーナーです。折り畳みのオーブンの付く形で、今では大変入手困難なアイテムです。

詳しく見る

Coleman【1920年代後半】

Coleman Model No2

コールマンで2代目のモデルになるツーバーナー。折り畳み出来るカバーはフォールディングオーブンです。今では入手困難となりました。

詳しく見る

Coleman【1927年代】

Coleman model No9

フォールデングオーブンが省略されたモデル。オーブン以外の見た目は似ていますがかなり改良されたモデルです。

詳しく見る

Coleman【1940年代】

Coleman 413C

413シリーズのベースに位置する2バーナー。使い方は現在の物とあまり変わりません。

詳しく見る

Coleman【1960年代】

Coleman 426D

3バーナーなので、並行して色々な調理が出来ます。大人数のキャンプにも最適です。


詳しく見る

Coleman【1960年代前期】

Coleman 442

本体は軽量なアルミ製。足はスライドさせて出し入れできます。

詳しく見る

Coleman【1960年代中期】

Coleman 442

アルミツーバーナー442の後期型です。五徳にあったタンクを押さえるアームが省略されました。

coleman【1960年代後期】

Coleman 442A

442の後期型です。アルミボディの特徴あるエンボス模様が無くなり、ドット模様になります。エンブレムやデカールも変わりました。

詳しく見る

Coleman【1960年代】

Coleman 443

アルミのスリーバーナーです。かなり大きいのですが、アルミ製なので現行のツーバーナー程度の重量です。アルミ製で大きいのでかなり目立ちます。

詳しく見る

Coleman【1960年代】

Coleman 425C

普通のバーナーよりもコンパクトなツーバーナー。足の赤いワイヤーが特徴で風防を固定するストラップにもなります。

詳しく見る

Coleman【1978.3】

Coleman 413G

明るい緑のバーナーです。五徳が丸くなっていてパーコレーターなどを安定して置くことが出来ます。このGの他にE・F・Hなどがあり、このシリーズは私のお薦めです。

Coleman【1990年代】

Coleman 414

アンレデッドツーバーナーです。ホワイトガソリンの他に無鉛ガソリンの使用も可能です。ジェネレーターが詰まりやすくなるので私は使ったことはありません。

Coleman【1977.1】

Coleman 576

アメリカ製のピーク1です。ポンプの位置が低い場所にあり水平に付いています。

Coleman【1979.1】

Coleman 505

カナダ製のイージーライトです。通称『ポケットⅡ』で、これは初期のタイプ。ツーレバーでとろ火が出来るので重宝します。アメリカ製の576とほぼ同じですが、カナダ製に良くあるステッカーの貼る位置が逆です。

Coleman【1979.12】

Coleman 400

ピーク1のツーレバータイプで、微妙な燃焼調整が出来ます。ピーク1ランタンとのセットは物欲をそそられます。 

詳しく見る

Coleman【1984.3】

Coleman 400

Coleman【1981.1】

Coleman 519

噴射された燃料を燃焼させ、その熱を反射板で熱を放射させます。直接的な熱が伝わり、スポットで暖めるのに最適です。

Coleman【1983.1】

Coleman 519

Coleman【1970年代初期】

Coleman 518A

外見は他のキャタと変わりませんが、スニッファー(火消し蓋)に取っ手がありません。これ以降、A~E型まで型番が変わりますが大きな変更はありません。

Coleman【1973年代】

Coleman 518B

石綿にガソリンを染みこませて燃焼するキャタリティックヒーターで、518シリーズは最終期の型です。赤はカナダモデルのみの色。

Coleman【1978.1】

coleman 518C

フィラキャップがボディと同色になりました。

Coleman【1982.2】

Coleman 518D

518シリーズでB・Cは結構ありますが、518Dは結構珍しいと思います。

Coleman【1973年代】

Coleman 518E

赤いキャタの最終型です。

Coleman【1973年代】

Coleman 518E

最終型にはグリーンもお目見え。ヘッドのメッキは梨地となり渋くなりました。

Coleman【年代不明】

Coleman 510A

キャタリティックヒーターの元祖モデル。518より若干スリムで、着火手順も異なります。

Coleman【1967.12】

Coleman 515

巨大なヒーターで518シリーズの1.5倍ほどの大きさ。火力調整が出来て最大で普通のキャタの3倍近い熱量にもなります。

愛犬と愛猫Soon

Coleman【1961.12】

Coleman 501

コンパクトになったストーブのスポーツスター1stモデル。バルブの設計が良くなかったらしく爆発事故が相次ぎ、コールマン社が回収したため市場に残った数少ないデンジャラスなバーナーです。

詳しく見る

Coleman【1962.8】

Coleman 501A

501から改良されたものの、1年で製造が終了されました。

Coleman【1968.4】

Coleman 502

シングルバルブへと構造変更され、その後ロングセラーとなったストーブです。

Coleman【1990.6】

Coleman 508A

ほぼ現行型と変わりません。デカールとポンプの留め金の違いぐらいです。

Coleman【1947年代】

Coleman 500

ブラスタンクで、しっかりとした八角五徳が付いており、大きい鍋も安定して置くことが出来ます。通称スピードマスター。MADE IN USA

Coleman【1950年代】

Coleman 536

コンパクトになる軍用ストーブです。開発された年号を取ってM-1950と呼ばれていました。タンク内に予備パーツを入れられる様になっています。