1.

1洗車

ボディを十分湿らせたあと、
大量の流水で泥や塵などの汚れを
洗い流します。

2.

2洗車2

砂埃が取れたら、特殊粘土で鉄粉やピッチ・タールを除去します。
この時もボディを湿らせながらの作業です。塗装の状態を見ながら、鉄粉を溶かす液剤を併用することもあります。

3.

3洗車3

隙間の汚れも出来るかぎり綺麗に。

4.

4マスキング

研磨機のスポンジが、プラスチック部品を摩擦で溶かすことがありますので、しっかりマスキングをします。またコンパウンドの粉が隙間に入ったり、付着かないようにもなります。

5.

5研磨

研磨作業です。塗装の状態を見ながら、数種類の削る能力の異なるコンパウンドを使い分けて作業します。

6.

6再び洗車

研磨が終わったら、マスキングを剥がし隙間や、塗装面に残った粉を流水で流します。

7.

7洗車

さらに残った粉や油分を、業務用洗剤で洗い流します。

洗剤で洗う     

洗う前洗い流しただけの状態、水を弾いてます   (クリックで拡大)洗ったあと洗剤で洗ったあと

8.

8エアブロー

圧縮した空気で隙間に残った水を吹き飛ばします。
これで下地は完成。

9.

9コーティング

コーティング液を塗っていきます。

10.

10コーティング2

少ししたら、余分な液剤を拭き取り充分乾燥させます。

11.

11コーティング3

乾燥したら、固く絞ったウエスでさらにふき取っていきます。
この時点で皮膜がほぼ完成してます。

12.




最後に綺麗なウエスで磨き上げ完成!! ふ~疲れた

完成


完成

深く艶々したボディになりました。

コーティング皮膜が完全になるまでは
24時間ほど掛かります。
しかし納車後の雨などは問題ありません。

最後に


弊社は特別な機材はございません。手仕事でコツコツやっています。
ですので、通常1日に1台のペースで作業をしています。
何度か2台作業したことがありましたが、かなりきつかった…
出来ましたら事前予約いただけると助かります<(_ _)>

塗装の状態により通常のコーティングでも2日間かかることもありますので、余裕を持ってご予定下さい。

Wコーティングの場合は、


〉 9.~12.の作業を、違う液剤でもう一度施工いたします。
最低でも2日間の作業時間を要する場合がございますので、ご了承下さい。
早朝から頑張れば1日で納車も可能な場合もございます(^_^;)

Wコーティングについては、効果と価格をご覧下さいませ。